薄毛には何タイプかに分かれます。プロペシアは、生え際から来る薄毛に効果があるのか?気になりますよね。プロペシアが生え際にどのように働くのかについて紹介します。

 

生え際は男性ホルモンの影響を受けやすい

生え際がから来る薄毛の場合は「AGA(男性型脱毛症)」が原因であることが多いです。

AGAは「ジヒドロテストステロン(DHT)」による影響が強いです。

 

このジヒドロテストステロンは「テストステロン」と「5αリダクターゼ」が合わさり生成されます。

また、頭の部分でも特に前頭葉は、「AGA・ジヒドロテストステロン」の症状が現れやすい場所なので、生え際が薄くなりやすくなっています。

 

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)に効果あり

プロペシアは「AGA」に効きやすいとされる育毛剤です。

AGAに効きやすい理由として、プロペシアの主成分である「フィナステリド」は、5αリダクターゼを抑制する働きがあるからです。

 

5αリダクターゼを抑制することができれば、テストステロンと合わさり、脱毛効果があるジヒドロテストステロンを防ぐことができます。

なので、生え際からの薄毛に効果的です。

 

効果を出すためには続けることが必要

プロペシアは薄毛になってしまう原因を取り除き、頭皮の環境を良くする育毛剤なため、使ってすぐに効果が出るという物ではありません。

2ヶ月~6ヶ月の間は準備期間だと考えた方が良いです。ただし症状の現れには個人差があります。

 

 

男性ホルモン以外には効果が無い

上記でも書いたようにプロペシアは「男性ホルモン」に効果があります。

逆を言えば男性ホルモン以外の薄毛には効果が出にくいです。

 

 

そのため、急激なストレスにや原因が解明されていない「円形脱毛症」、過剰に皮脂が分泌させ炎症や毛穴を詰まらせてしまう「脂漏性脱毛症」、癖や無意識に自分の髪の毛を抜いてしまう「抜毛症」など、このような症状に心当たりがある人は、プロペシアを使う前に自分の薄毛の原因を確認しましょう。