プロペシアは薄毛に効果が高い薬として、AGA専門クリニックでも処方されている安全性の高い薬ですが、効果が高い反面、副作用も報告されています。その中でも赤ちゃんへ悪い影響があることが知られているので、プロペシアの赤ちゃんへの影響についてご紹介します。

プロペシアを女性が服用した場合の赤ちゃんへの影響

実はプロペシアは誰にでも処方できる薬ではなく、男性にしか使えないものです。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、女性へのデメリットがとても高いからです。実はフィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として使われていた薬で、前立腺を縮小させる作用があります。

前立腺が大きくなってしまう病気である前立腺肥大症の薬としてはとても有効なのですが、女性が服用した場合、お中の赤ちゃんへ悪影響があることが知られています。国内でプロペシアを販売している会社も、「本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用により、男子胎児の生殖器等の正常発育に影響を及ぼすおそれがある。」と注意喚起しています。

これは動物実験で明らかになったのですが、お腹に赤ちゃんのいる女性がプロペシアを服用すると、血液中に成分が溶け込んで、赤ちゃんの生殖器に異常がでる可能性が高いことがわかっています。また、女性がプロペシアを服用しても育毛効果はあまり得られません。そのため、女性の薄毛治療の薬としてプロペシアが使われることはなく、代わりにミノキシジルが使われることになっています。

プロペシアを男性が服用した場合の赤ちゃんへの影響

男性のAGA治療ではほとんどの場合プロペシアが使われるのですが、男性が服用しても赤ちゃんにはほとんど影響はないということが知られています。というのも、精子の中にプロペシアの成分が混ざってしまう量はとても少ないため、ほとんど気にすることはないということです。ただし、プロペシアの副作用として、精子の減少や性欲減退が1%程度報告されているので、妊活中の方は医師に相談して服用すべきでしょう。

また、使用量を守らずに大量摂取すると、胎児への影響が大きくなることが考えられますので、必ず用法・用量を守って服用しましょう。海外からプロペシアを個人輸入する方は、日本で販売されているものよりも配合されているフィナステリドの量が多い可能性もありますので、妊活中の場合はAGA専門のクリニックでプロペシアを処方してもらう方が良いでしょう。

男性がプロペシアを服用しても胎児には影響はほとんどないのですが、実はプロペシアを服用中の男性が気をつけるべきことがあります。それは、プロペシアを女性や赤ちゃんが触れないようにすることです。実はプロペシアの主成分であるフィアステリドは、皮膚からも吸収されることがあります。

そのため、錠剤を飲まずとも、それに触れただけで成分が体の中に入ってしまうのです。プロペシアはもちろんコーディングされていて、少し触れただけで女性や赤ちゃんにすぐ悪影響が出るわけではありませんが、万が一のためにその管理には十分に気をつけましょう。