プロペシアでよく出る副作用として、初期脱毛というものがあります。育毛を期待して服用するプロペシアによって、抜け毛が発生することがあるのです。しかし、初期脱毛は悲観するべき副作用ではありません。初期脱毛について、そして初期脱毛が発生する理由などをご紹介します。

プロペシア服用の副作用、初期脱毛とは?

初期脱毛というのは、育毛剤やプロペシアなどの内服薬で薄毛の治療を始めたときに一時的に起こる、脱毛のことです。育毛を期待して治療を始めたのに、逆に抜け毛が増えてしまうのでそこで治療をやめてしまう人もいます。しかし、初期脱毛は薄毛の治療効果が出てきたという証拠なので、悲観することではありません。それはどういうことなのでしょうか?実は、初期脱毛のときに抜ける毛というのは、成長が止まってしまった古い毛髪です。

 

新しい髪の毛が生えてきて、古い毛を押し出そうとするために起こることだと言われています。つまり、初期脱毛があらわれたということは、乱れた育毛サイクルが正常になりつつあるということだといえます。実際に、プロペシアを服用した人のほとんどが初期脱毛を経験していてると言います。プロペシアは育毛剤に比べて、初期脱毛が起こりやすく、抜け毛の量も多いのが特長です。

初期脱毛はいつまで続くの?

いくら治療が効き始めた証拠だとはいえ、いつまでも初期脱毛による抜け毛が続くと心配になってしまいますよね。実際に、初期脱毛はどれくらい続くものなのでしょうか?プロペシアを服用した人の体験談によると、プロペシアによる初期脱毛は平均して1ヶ月くらい続くという結果が出ました。服用を初めて1・2週間で初期脱毛が始まり、それから1ヶ月ほど経つと、産毛のようなものが生えてきて初期脱毛が終わるようです。

ただし、人によっては初期脱毛が1週間で一気に終わったり、2ヶ月も続いたという方もいますので、個人差が大きいことに注意しましょう。初期脱毛とはいえ、何ヶ月も続くと薬の服用をやめたくなるとは思いますが、自己判断でやめてしまうと今まで飲み続けていた意味がなくなってしまいます。初期脱毛が長期的に続く場合はAGA専門クリニックで一度見てもらい、それから服用をやめるかどうかを検討することがおすすめです。

初期脱毛期間を乗り切るためには?

初期脱毛期間を乗り越えるためにできるケアが、生活習慣を整えることです。食生活や生活習慣が乱れると、頭皮の血行が悪くなったり栄養が神に行き渡らなくなり、髪の毛が生えにくくなります。初期脱毛はこれから髪の毛が生えてくる前兆なので、投げやりにならずに生活習慣を整えて頭皮環境を良くすることに努めましょう。

さらに、一時的とはいえ薄毛が目立つようになってしまうので、帽子の着用や髪の毛を短くカットして薄い部分を目立たなくするという工夫をすれば精神的ストレスはましになります。あまりにも長く初期脱毛が続いて不安になる方は、ぜひ一度医師に相談してみましょう。専門医のいるクリニックなら、初期脱毛についての知識が豊富な医師が相談に乗ってくれるので、ストレスや不安が軽減されることでしょう。